Everfront Biotech Inc. – 脳腫瘍に対する抗がん新薬の開発において、輝かしい新星となります

EFB is committed to fulfilling unmet medical needs
by developing orphan drugs to treat the world’s most lethal diseases including high grade glioma and pancreatic cancer
Brain Tumor (Glioblastoma, GBM) and Pancreatic Cancer (PC)
Everfront Biotech Inc. Receives "Investor's Choice Award" at the 2023 NBRP Demo Day Investment Matchmaking Competition
EFBの使命
EFBの使命

EFBは未満たされた医療ニーズの充足に取り組んでいます

脳がん治療の輝かしい新星
脳がん治療の輝かしい新星

未満足な医療ニーズに焦点を当て、孤児薬の開発に取り組み、世界で最も致命的な疾患の治療に尽力しています。

希少ながんの 治療
希少ながんの治療

多形性膠質母細胞瘤(GBM)と膵臓癌(PC)を含みます。

最新情報
投資家の支持を受ける賞

長弘生技が2023年NBRP Demo Dayの「投資家の支持を受ける賞」を受賞しました

previous arrow
next arrow
Cerebraca® Wafer製品の特徴:(👉read more
  • 2022年10月に台湾でのIIa相臨床試験が完了しました。
  • フェーズI臨床試験では、Cerebraca® Waferは優れた効果を示し、試験薬に関連する有害事象は観察されませんでした。再発性悪性脳腫瘍患者の中央生存期間(または平均)は、25-26ヶ月に達しました。これは、現行の治療法(Gliadel® Wafer(6.4ヶ月)、Temodarカプセル(5.8ヶ月)、Avastin注射液(9.4ヶ月)など)と比較して、効果が明らかに改善されたことを示しています。
  • Cerebraca® Waferは、小分子活性医薬成分EF-API-001と生分解性ポリマーを組み合わせた、画期的なイノベーションです。この特殊な組成により、癌治療において正確かつ複数の標的への作用を可能にし、局所的な高濃度の薬物投与と高い浸透性を提供しながら、薬物の持続的な放出を1か月にわたって確保します。
  • 特徴:脳腫瘍幹細胞の成長と転移を効果的に抑制し、免疫細胞の活性を維持して腫瘍細胞を殺し、化学療法薬に対する耐性を克服し、正常細胞のエネルギーを増加させ、患者の生活の質を向上させます。

Cerebraca® Wafer

悪性脳腫瘍の治療

CEREBRACA® WAFER

小分子活性薬効成分EF-API-001と生分解性ポリマーを組み合わせたCerebraca® Waferは、強力な腫瘍細胞の殺傷作用、免疫活性化、および化学療法薬剤の耐性低減が可能です。

  • Cerebraca® Wafer は、高度な悪性グリオブラストーマ(悪性脳腫瘍)の治療に使用される治療薬ワイファーです。脳に直接埋め込むことができ、約1か月間にわたって高濃度、高浸透性、長時間にわたって薬物をゆっくりと放出し、がんの治療を助ける多重標的効果を発揮します。また、化学療法や免疫細胞によるがん細胞の殺傷をより効果的にする効果もあります。
  • グリオブラストーマ多形成(GBM)は、非常に悪性の原発性脳腫瘍であり、1か月で元のサイズの16倍まで成長することがあります。手術的切除後の再発率が高く、現在有効な治療法はありません。
  • Cerebraca® Wafer(セレブラカ® ワーファー)の小分子活性薬効成分EF-API-001は、以下の特徴を持ちます:
    • Axl-1受容体チロシンキナーゼを標的とすることにより、脳腫瘍幹細胞の増殖と転移を効果的に抑制します。
    • PD-L1免疫チェックポイントを阻害することにより、腫瘍微小環境の免疫抑制性を低下させ、免疫細胞の腫瘍細胞への殺傷活性を保持します。
    • MGMT DNA修復酵素の抑制により、テモゾロミド(化学療法薬)に対する耐性を克服し、腫瘍細胞を再び化学療法によって殺傷できるようにします。
  • Cerebraca® Waferは、その小分子活性成分と生分解性ポリマーの両方が、台湾の国際的に著名なPIC/S GMP製薬会社によって製造されており、高品質かつ信頼性のある無菌製造プロセスが確保されています。

詳細な情報については、国語版および英語版をご参照ください。

EF-009 Wafer

胰臓癌の治療

膵臓癌(PC)の死亡率は急速に上昇しています。

しかし、膵臓癌の治療は非常に困難な課題であり、5年生存率は5%未満です。手術に続く補助化学療法が標準治療であり、追加の治療なしでは90%以上の患者が再発し、死亡します。しかし、PCは従来の化学療法に対して非常に抵抗性があります。

大きな課題は、まず膵臓癌周囲の保護バリアを効果的に通過して化学療法剤を送達することです。さらに、がん幹細胞の存在によって引き起こされる免疫抑制環境を逆転させることも重要です。

EF-009は、膵臓癌の治療のための長時間持続する薬剤であり、複数の標的作用を持っています。腫瘍周囲の特定の領域に蓄積し、化学療法や免疫細胞によって容易に殺されるようにします。また、毒性も管理しやすいです。

詳細な情報については、中国語版および英語版をご参照ください。

HK-001 Soft Capsules

治療アルツハイマー病

HK-001ソフトカプセルは、PIC/S GMP基準で製造された小分子有効医薬成分EF-API-001を含んでいます。mTORの標的阻害および過剰なオートファジーの抑制を通じて、ALSの進行を遅延させることを目指しています。

  • HK-001カプセル経口投与の薬剤形態であり、動物実験の結果(ALSマウス、SOD1G93Aマウス)で2つの改善が観察されました:
    • ALS進行の遅延:HK-001を経口投与されたマウスでは、疾病の始まりの閾値としてBBBスケール(Basso, Beattie and Bresnahanスケール)スコアが15未満であることを用い、ALSの発症時間が対照薬リルズールと比較して遅れることが観察されました。

    • ALSにおける長期生存:HK-001を経口投与されたALSマウスは、未処理群および対照薬リルズールよりも優れた生存率を示しました。

詳細な情報については、中国語版および英語版をご参照ください。

Contact us

お問い合わせください

エバーフロントバイオテック株式会社は開放的な姿勢を持ち、国際的な製薬会社やベンチャーキャピタルとの協力の機会を継続的に探求しています。

台北運営本部

🏢住所

103台北市大同区重庆北路二段178-3号2楼

☎電話

+886-2-25501449

📧メールアドレス

efbiotech@efbiotech.com

花蓮研究および臨床医学研究センター

🏢住所

花蓮県壽豊郷大学路二段1番地974、国立東華大学イノベーション育成センター1-10室

☎電話

+886-3-8630108